AGA治療費用を徹底比較

AGA治療の費用を比較しているサイトです

AGAスキンクリニックの副作用

   

AGAスキンクリニックに限らず、医薬品を使ってAGAの治療を行う場合は副作用のリスクがあります。

これが育毛シャンプーや育毛サプリメントの使用と大きく異なる点かもしれません。

「抜け毛を予防する」「発毛を促す」という効果だけではなく、思わしくない症状の副作用のリスクがあると事前に頭に入れておかなければならないのです。

AGAスキンクリニックで実施されている治療別では、以下のような副作用の可能性があります。

プロペシア:性欲減退や精子数の減少など男性機能に関する副作用
ミノキシジル:全身の毛が濃くなる多毛症や倦怠感
自毛植毛:頭皮の赤みやまぶたの腫れといった副作用

プロペシアやミノキシジルに関しては、どちらも初期脱毛の副作用があります。

治療を開始して2週間くらいから逆に抜け毛が増える現象を初期脱毛と呼び、1ヶ月から1.5ヶ月程度続くのが特徴です。

しかし、この副作用に関してはヘアサイクルが改善され、新しい毛髪が生えるための準備が頭皮や毛根で行われていることを指しているので、そこまで神経質になる必要はないでしょう。

AGAスキンクリニックの医師が指示する用法と用量をしっかりと守ってAGA治療を行っていれば、不快な症状で悩まされるリスクを軽減できるはずです。

AGAスキンクリニックの治療は、「問診票の記入」⇒「医師による問診」⇒「カウンセリング」⇒「治療スタート」という流れとなっております。

抜け毛や薄毛の悩みを抱えている男性は、セルフケアであれこれと対策を練るのではなく一度AGAスキンクリニックの無料カウンセリングを受けてみてください。
 

>>> AGAスキンクリニックの無料カウンセリング

 
さて、AGAスキンクリニックではプロペシアやミノキシジルを単体で処方するだけではなく、独自の配合で混ぜたオリジナル発毛薬によるAGA治療が受けられます。

タブレット(経口薬)を使って身体の内側から発毛しやすい環境を整え、更にリキッド(外用薬)で毛根へと直接働きかけるケアを行っていくのです。

いきなり毛髪再生医療や自毛植毛を受けるのではなく、オリジナル発毛薬の「Rebirth」で様子を見ることから始める患者さんが多いのではないでしょうか。

発毛効果があらわれる以上、副作用が引き起こされる濃度以下で配合しているため、身体に大きな負担が加わることはないはずです。

個人輸入でAGAの治療薬を入手するよりも高い費用がかかりますが、専門医のアドバイスを得ながら治療を進められるので、AGAスキンクリニックで薄毛の悩みを相談してみてください。

 - AGAスキンクリニック