AGA治療費用を徹底比較

AGA治療の費用を比較しているサイトです

AGAのガイドライン

   

自分の薄毛に気付いたら、とりあえずインターネットや雑誌で対策の方法を調べ、治療を始めるという男性が多いはずです。

「とりあえず個人輸入で育毛剤を買ってみる」「とりあえず育毛シャンプーを使ってみる」という男性も多いかもしれません。

これは決して間違いではありませんが、世間で知られている育毛法には全く効果が得られないものもあり、結果的に無駄な費用を費やすはめになるかもしれないので、AGA診療ガイドラインを参考にしてみるべきです。

AGA診療ガイドラインは男性型脱毛症診療ガイドラインとも呼ばれており、日本皮膚科学会が効果的な治療方法を選定し、幾つかのランクに分けております。

毛髪マーケットの拡大に伴い、近年では様々な製品やサービスが急増しており、どんなAGA治療を行えば良いのか迷う男性が増えました。

それを受けて日本皮膚科学会ではAGA診療ガイドラインを2010年に発表し、効果のない治療を高額な費用を支払って受け続けずに済むようになったのです。

確かに、育毛剤や育毛シャンプーなど正しい方法で対策を練っていれば症状の緩和に繋がりますが、当サイトではまず最初にこれらのことを行って欲しいわけではなく、正しい薄毛治療やAGA治療の方法について理解して欲しいと願っております。

その指標の一つとなるのがAGA診療ガイドラインで、どのようなランクが付けられているのか以下を確認してみましょう。

ミノキシジルの外用:推奨度A
フィナステリドの内服(男性):推奨度A
自毛植毛:推奨度B
塩化カルプロニウムの外用:推奨度C1
アデノシンの外用:推奨度C1
t-フラバノンの外用:推奨度C1
サイトプリン・ペンタデカンの外用:推奨度C1
ケトコナゾールの外用:推奨度C1
セファランチンの外用:推奨度C2
フィナステリドの内服(女性):推奨度D
人工毛植毛:推奨度D

Aランクは「行うよう強く勧められる」、Bランクは「行うよう勧められる」、C1ランクは「行うことを考慮してもよいが、十分な根拠がない」、C2ランクは「根拠がないので勧められない」、Dランクは「行わないよう勧められる」と設定されております。

つまり、安全にAGA治療を行いたいのならば、C2ランクやDランクの方法は排除した方が良いことがお分かり頂けるはずです。

C1の評価を得ているアデノシンやt-フラバノンなどは育毛剤や育毛シャンプーに含まれている成分で、十分な根拠がないからこそC2という低いランクが設定されております。

その点、フィナステリドが含まれたプロペシアやフィンペシア、リアップやロゲインなどのミノキシジルの外用はAGA診療ガイドラインでAランクの評価を得ているので、AGA治療に取り入れる価値は大いにあるでしょう。

当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックでは両方の処方に加え、自毛植毛や育毛メソセラピーといった専門的なAGA治療も実施されているので、一度無料カウンセリングを受けてみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 - AGAの診断