AGA治療費用を徹底比較

AGA治療の費用を比較しているサイトです

AGAかどうか遺伝子検査で確かめよう

   

AGAかどうか病院で遺伝子検査を受けて確かめよう

人間の遺伝子情報は生まれながらにして両親より受け継いでおり、そのDNA情報は生涯に渡って変わることはありません。

そのため、遺伝子検査によってAGAを発症しているかどうか確かめることができ、病院で受けられる診断の一つなのです。

遺伝子検査を受けるメリットとしては以下が挙げられます。

・将来的にAGAを発症してハゲやすくなるのかどうか遺伝子レベルで判定できる
・CAGリピートとGGCリピートの遺伝子配列を調べることでフィナステリドの感受性が分かる
・自分に合った薄毛の治療を知ることができる

AGAが原因の薄毛なのか過剰に分泌された皮脂やフケが原因の薄毛なのか、病院で専門医に診せればある程度は判断できます。

しかし、プロペシアの中に含まれているフィナステリドの感受性までは分からないので、効き目があるのかどうか調べるために、遺伝子検査を受けるのは選択肢の一つなのです。

ただし、遺伝子検査の結果とフィナステリドの感受性の関係はあくまでも統計上の話なので、どのくらいの効き目があるかどうか正確に判断するには実際に服用しなければなりません。

口内粘膜から摂取して調べるだけなので痛みは無く、時間もかからないという特徴がありますが、15,000円程度の費用がかかるので絶対に受けなければならない検査ではないのです。

それに、DNA塩基の「シトシン」「アデニン」「グアニン」のCAGリピートを調べ、AGAになりにくいという結果が出たとしても、将来的に進行するケースは十分に考えられます。

そのため、「明らかに薄毛が進行しているから今後AGA治療を始める」と心に決めているのならば、無理に遺伝子検査を受ける必要はないでしょう。

自分に必要な検査なのかどうか確かめるために、まずは当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックへと相談してみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

AGAかどうか確かめるために遺伝子検査キットを利用しよう

「遺伝子検査を受けるためにわざわざ病院へ足を運ぶのは面倒」という男性は、遺伝子検査キットを利用してみてはいかがでしょうか。

現在ではAGAを発症しているのかどうか確かめるために、インターネット通販では遺伝子検査キットが販売されております。

クリニックと同じように自分の粘膜を採取し、それを送って一定期間に渡って待つことで、将来的にAGAを発症するリスクとフィナステリドの感受性を確かめられるのです。

DNA情報は生まれた時から一生変化することはないので、自宅で遺伝子検査キットを使用する場合も一度だけ受ければ問題はありません。

病院を利用する場合、一般的な皮膚科では行われていないかもしれないので、AGA専門クリニックへと足を運ばなければならないのです。

遠方に住んでいる方にとっては交通費などの金銭的な負担が加わるため、遺伝子検査キットの使用が適しております。

当サイトでは、通販で販売されている遺伝子検査キットの「AGAドック」をご紹介しているので、必要な方は購入してみてください。
 

>>> AGAドックの詳細はこちら

 

 - AGAの診断