AGA治療費用を徹底比較

AGA治療の費用を比較しているサイトです

AGAと医療費控除

   

確定申告の際に注目される要素の一つが医療費控除で、支払った医療費の一部を税金から控除することを指し、AGA治療が適用されるのか気になるところです。

医療費控除の対象となる医療費には様々なものがあり、一般的には医師による診療や治療の対価、療養に必要な医薬品の購入を指しているため、AGAはOKだと考えるかもしれません。

しかし、AGAによる薄毛は生命や健康を脅かすような病気ではなく、医療費控除の対象とならないケースの方が多くなっております。

税務署や税務職員によって見解が異なるので一概には説明できないものの、AGA治療が治療目的と判断されなければプロペシアの購入でもクリニックで受ける育毛メソセラピーでも適用されないのです。

美容整形やレーシック手術は医療費控除が適用されない代表的な治療で、審美目的の処置は生きていく上で絶対に必要なものではないと判断されているからではないでしょうか。

医療費控除の対象となる代表的な治療や検査は以下のようになっております。

・治療目的で支払った診療費
・特定健康検査
・治療のための松葉杖
・妊娠中の定期健診
・流産した場合の手術費
・虫歯の治療費
・治療としての歯列矯正
・医師の処方箋によって購入した医薬品
・病気や怪我のためにドラッグストアで購入した医薬品

「AGAは保険の適用されない自由診療扱いだから医療費控除の対象とならない」という解釈は間違っております。

自由診療でも場合によっては医療費控除の対象となり、「治療目的と判断されるかどうか」というのが大事なポイントなのです。

一口にAGAと言っても個々の実態によって大きく異なります。

例えば、「見た目を若々しくするためにAGA治療を行っている」と解釈されれば当然のように医療費控除の対象とはならないですし、「薄毛によって精神的なダメージを受けてうつ病へと発展した」という男性ならば治療目的に該当するのです。

美容目的と判断されるか治療目的と判断されるか、「AGA治療を行っている」というだけでは分からないので、最寄りの税務署に問い合わせてみるのが良いのではないでしょうか。

もし、医療費控除の対象となれば、「{支払った医療費-10万円(所得の5%)}÷10という計算式に当てはめた額が税金として戻ってきます。

しかし、圧倒的に医療費控除の対象とならないケースの方が多いため、あまり期待しない方が良いかもしれません。

 - AGAの診断