AGA治療費用を徹底比較

AGA治療の費用を比較しているサイトです

AGAと壮年性脱毛症の違いは?

   

壮年性脱毛症とは?

壮年性脱毛症とは30代以降の男性の9割近くが該当する症状で、生まれつきの遺伝などの要因を含む抜け毛や薄毛のことを指します。

正式な病名ではないものの、以下のように壮年性脱毛症による症状は様々です。

  • だんだんと頭頂部のボリュームが失われていく
  • 前頭部の剃り込みが少しずつ激しくなる
  • 全体的に髪の毛が薄くなって地肌が見える

命に関わる症状ではないとしても、見た目のイメージが悪くなっていくのでコンプレックスを抱える男性は少なくありません。

なぜ壮年性脱毛症を発症するのか原因やメカニズムをまとめてみました。

  • 男性ホルモンのテストステロンが毛乳頭には存在している
  • 還元酵素の5αリダクターゼと結合する
  • DHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる悪玉の男性ホルモンに変わる
  • DHTがヘアサイクルを狂わせて発毛を抑制する
  • 少しずつ抜け毛が増えて薄毛の症状が進行していく

加齢による影響が非常に大きく、30代や40代に起こり始めたら円形脱毛症や脂漏性脱毛症ではなく壮年性脱毛症と考えた方が良いでしょう。

 

AGAと壮年性脱毛症の違いは?

AGAと壮年性脱毛症の違いは?
薄毛で悩む男性の中で、「AGA(男性型脱毛症)と壮年性脱毛症の違いは何?」という疑問を抱えている方はいます。

上記でもご説明したように、壮年性脱毛症の原因やメカニズムはAGAと酷似しており、AGAの一種と考えて問題はありません。

  • 10代や20代で引き起こされる薄毛は若年性脱毛症
  • 31歳から44歳で引き起こされる薄毛は壮年性脱毛症
  • 45歳~64歳で引き起こされる薄毛は老人性脱毛症

厚生省の一部の資料ではこのように区分されており、全てをまとめてAGAと呼ぶことが多いのです。

つまり、AGAと壮年性脱毛症に大きな違いはなく、薄毛を発症する年齢によって呼び方が変わっています。

日本人の場合は10代に発症するケースは稀で、20代~30代にかけて少しずつ兆候があらわれて40代で完成することが多いのが特徴です。

 

AGAや壮年性脱毛症の効果的な治療法をチェック!

以下では、AGAや壮年性脱毛症の効果的な治療法をまとめてみました。

一度発症すると自然と解消されることはなく、放置すればするほど自然と薄毛は進行していくので自分に合ったやり方で対処していきましょう。

 

AGA専門クリニックを受診する

薄毛の治療を専門的に行う病院やクリニックへと受診すれば、AGAや壮年性脱毛症の効果的な対策ができます。

  • 最初に無料カウンセリングを受けて薄毛の悩みを相談する
  • 医師の診察を受けてマイクロスコープで頭皮の状態を確かめる
  • 患者さんの症状や目的に合わせた治療プランを提供してくれる
  • クリニックへと通院して抜け毛や薄毛の改善を目指す

上記のような流れになっており、自宅であれこれと対処するよりも正しい知識を持った専門医の指示を受けることで確実な変化が期待できるのです。

TOMクリニックでは投薬治療に加えて毛髪再生療法や自毛植毛など様々な方法が取り入れられているので、AGAや壮年性脱毛症で悩んでいる男性は一度足を運んでみてください。

 

>>> TOMクリニックの無料カウンセリング

 

育毛剤や発毛剤を塗布する

現在では多種多様なタイプの育毛剤や発毛剤といった製品が登場しました。

これらの中には血管を拡張させたり血行を良くしたりと頭皮に良い有効成分がバランス良く配合されており、直接塗布して薄毛の改善を目指せるのです。

  • 60種類以上の有効成分が配合されたチャップアップ
  • 医学的に効果が認められているミノキシジルを含むリアップX5
  • 育毛パワーを持つキャピキシルを含むフィンジア(FINJIA)
  • 海藻から抽出されたM-034を含むIQOS(イクオス)

上記の育毛剤がネット通販や実店舗では人気を得ているので、自宅で薄毛を対策したい男性はお好きなものを使ってみてください。

 

生活習慣を見直す

「こんなことで良いの?」と疑問を抱える方は多いものの、生活習慣の見直しは壮年性脱毛症の対策に効果的です。

決まった時間に寝て起きて十分な睡眠を取ったり、正しい食生活で栄養素をバランス良く摂取したりすれば身体の内側から抜け毛や薄毛を予防できます。

もちろん、確実に変化を得られる方法ではないので、専門クリニックによるAGA治療と併用して自宅で取り組んでみましょう。

 - AGAと関係のある症状・病気